カテゴリー別アーカイブ: 06_お金の話

広報担当者の年収

ネットを見ていたら、広報担当者の募集に関する記事をいくつか発見。

▼まずは、大阪府立大学。広報担当の理事に年収1200万円とのこと。

公立大学法人大阪府立大学は22日、理事の任期満了に伴い、新たに理事1人を公募することを明らかにした。担当職務は、広報・渉外で報酬は年収1200万円程度。任期は平成23年4月からの2年間となり、再任の可能性もあるという。
応募資格は、民間企業で管理職やそれと同等の職務経験があることのほか、政府や地方公共団体の職員でないことなどが条件。「大学における広報戦略及び外部資金の獲得について」と題した文章の作成を求め、書類選考をしたうえで、面接を行う。
2010.11.22 msn産経ニュース

▼こちらは日本相撲協会。

求む!1000万円「広報室長」 一般公募へ
広報を見直すワーキンググループの渡辺美樹委員(50)=ワタミ会長=らが「広報が下手な結果、協会は社会に誤解されている。公募することで協会が門戸を開いているという象徴にもなる」と推し、同委員によれば「相撲が大好きで調整力がある人」で、年収1000万円程度を見込んでいる。木暮浩明委員(74)=日本合気道協会顧問=も「最終的には1、2人になると思う。受け身ではなく、攻めの広報をしないといけない」と支持した。
2010.08.17 msn産経ニュース

渡辺美樹さんは広報担当の報酬についてこんな発言も。

渡辺美樹委員
広報が下手だと内部の親方や関取に情報が伝わらず、外部にも誤解される。そこで公募しようと提案した。年収は1千万円程度だが、大相撲が大好きでぜひ参加したいという人を招きたい。
2010.08.16 SANSPO.COM

この1000万円くらいが広報担当の年収上限ってことでしょうか?
こういったパブリシティ狙いもある「職員募集」の場合、往々にして
やや「高め」の報酬が設定されているように思います。
もちろん、組織内での広報の位置づけによって報酬も変わるでしょうから一概には言えませんが。。

ちなみに、こちらのサイトによると、広報担当者の平均的な年収は

▼DODA職種別平均年収「広報」 2009-2010
 25~29歳 ・・・ 426万円(最高:1000万円)
 30~34歳 ・・・ 478万円(最高:850万円)
 35~40歳 ・・・ 529万円(最高:880万円)

(コメント)広報の平均年収は465万円となりました。各年代で、昨年を上回る金額となっており、特に25~29歳、30~34歳では全職種平均を超える水準となっています。ただ35歳~39歳になると全職種平均を下回り、スペシャリストとして、高い専門性を有することが年収アップのカギと言えるでしょう。

だそうです。

広報担当の仕事は、基本的に「地味」な「裏方」仕事が多いので、
職種平均を超える水準、ってところにちょっと驚きました。
会社のイメージを左右する部署であり、発言には根拠と責任が求められる仕事なので
やや高めの報酬になっているのかな?