全日本学生書道展2019

View this post on Instagram

展示されてる長女の作品を観に、東京都美術館で開催中の全日本学生書道展へ。就学前の幼児から成人まで、毎度のことながらたくさんの作品に圧倒される。 ・ 各年の上位入賞作品はもちろん、秀作賞の作品たちもひとつひとつがユニークで面白い。文字の印象、造形的な美しさだけでなく、言葉選びにも個性が出るよね。小1の作品に「ステゴザウルス」があったり、絵のように自由な一字書があったかと思えば、筆致も字間も精緻な高校生の作品も。力強かったり、繊細だったりほんと様々。 ・ 姉に触発されて、昨年から習字を始めた年長さんの次女は入選とならず。自分の作品がないからつまんないって不満たらたらだったけど、彼女の文字はとても良いところがあると思ってるので(親ばか)来年も頑張ってほしいです。 ・ #全日本学生書道展

まさのりさん(@mossgreen_)がシェアした投稿 –

展示されてる長女の作品を観に、家族5人で東京都美術館で開催中の全日本学生書道展へ。就学前の幼児から成人まで、たくさんの作品が天井から床近くまでたくさん展示されていて、毎度のことながら圧倒される。

各年の上位入賞作品はもちろん、秀作賞の作品もひとつひとつがユニークで面白い。文字の印象、造形的な美しさだけでなく、言葉選びにも個性が出るよね。小1の作品に「ステゴザウルス」があったり、絵のように自由な一字書があったかと思えば、筆致も字間も精緻な高校生の作品も。力強かったり、繊細だったりほんと様々。

これだけたくさんの作品を、しかも秀作賞にもかなわなかった作品もたくさんあるだろうから、それらをどうやって選考しているのか、ちょっと気になるところ。ちなみに姉に触発されて昨年から習字を始めた年長の次女は入選とならず。「自分の作品がないからつまんない」って不満たらたらだったけど、彼女の文字はとても良いところがあると思ってるので(親ばか)来年も頑張ってほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.